ストレスフリーの家事習慣

家事ストレスなしの暮らしと、自分時間を手に入れるためにできること。

ストレスフリーの家事ライフ

「家事のリスト作り講座」終了しました!

f:id:resetterlistblog:20180616101601j:plain


おはようございます。

リセッターリストの山本香織です。

 

松本市が男女共同社会を目指すための
活動拠点「パレア松本」さんで開催した
「家事のリスト作り講座」、
無事に終了しました!

 

多くの方々にお越しいただき、
「リセッターリスト」について
お伝えすることができました。

 

講座後のアンケートや、
その後のメールのやり取りを通じて、

 

受講者さんの日々の頑張りや家族への思い、
誰にも知られることのない家事の数々、

 

一緒にリストを作る作業を通じて、
胸がいっぱいになってしまいました。

 

どのご家庭にも、
それぞれのルールや決まりがあり、

 

家族みんなを支える作業は、
とても地味で、目立たないけれど、

 

その積み重ねがあってこそ、
家が快適な場所となり、

 

各々が職場や学校や家庭で
自分の活動に打ち込むことが
できているんだなと、

 

改めて、実感しました。

 

また、講座の内容は
後日まとめて更新したいと思います。

 

人前で話すのは緊張するので
得意ではないのですが、

 

やっぱり、目の前の方の表情が
明るくなったりする姿を見ると、

 

直接やり取りのできる
講座の醍醐味ってあるんですよね。

 

なので、これからも、
積極的にこういう機会を作りたいな、
としみじみ、思いました。

 

では、今日も良い一日を
お過ごし下さいね♩

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

現在募集中の講座

▼ ストレスフリーの家事習慣 オンライン講座
60日間、習慣化までをしっかりサポート。
いつでもどこでも自分のペースで学べます♩

 

出産前にやっておくと産後がラクになる!家事の仕組み作り

 

f:id:resetterlistblog:20180607084146j:plain


おはようございます。

リセッターリストの山本香織です。

 

6月に入りました。

天気予報を見ていても、

傘マークが並ぶ日が増えてきましたね。

 

この季節になると、

大きなお腹で出産を控えていた

8年前を思い出します。

 

私がリセッターリストを作り、

使うようになったのは

娘が2歳〜3歳の頃からですが、

 

出産前からリストを使っていれば

出産後も、もう少しラクだったかな、

と思うことがあります。

 

そう思ったきっかけは、

ある受講生からのご報告。

 

出産前にご夫婦で

リセッターリスト作りに取り組み、

やるべき家事の内容を

二人で把握しておいたことで、

 

出産後、自宅に戻った後も

手が回らない家事を

旦那さまがどんどん進めてくれて、

とても助かったというのです。 

 

ホントに素晴らしいご夫妻!

 

家事分担については

書きたいことが

山ほどあるのですが、

 

確かに出産後は一番、

家事に手が回らなくなる時期。

 

全てを後回しにして、

赤ちゃんのお世話に追われます。

 

ママも睡眠時間の確保が重要課題で

とても家事どころではありません。

(私も経験者です…)

 

もちろん、そんな時期に

家事をしっかりやらなくても

特に困ることはないのですが、

 

家族が適切な家事サポートができれば

その分、ストレスは減りますよね。

 

旦那さまもサポートしたい気持ちで

いっぱいなのに、

何をやったらいいのか分からない…。

 

良かれと思ってやったことが、

気持ちが不安定な時期の奥さんの

神経を逆なでしてしまったり…。

 

出産後はとにかく全てが非常事態。

いつもなら笑い飛ばせることが

イライラや不満に繋がります。

 

育児に関してはやってみないと

分からないことばかりだけど、

 

家事に関しては、

事前に準備しておけることが

たくさんあります。

 

出産を控えているご夫婦には

リセッターリストを作っておくことで

出産後のサポート体制に

大きなメリットがあることを

知ってもらえたら嬉しいです。

 

www.resetterlist.com

 

では、今日も良い一日を

お過ごし下さいね♩

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

現在募集中の講座

▼ ストレスフリーの家事習慣 オンライン講座
60日間、習慣化までをしっかりサポート。
いつでもどこでも自分のペースで学べます♩

 

在宅ワーカーが抱える「家事ストレス」

f:id:resetterlistblog:20180530233125j:plain


おはようございます。
リセッターリストの山本香織です。

 

今日は自宅でお仕事をされている
在宅ワーカーの方が抱える
「家事ストレス」について、
書いてみようと思います。

 

在宅ワーカーと言うと、
自由度の高い働き方、という
イメージがありますよね。

 

特に、時間に関しては
自分でコントロールが効くので
自由に組み立てることができます。

 

その中でも、

「通勤時間0分」

というのは、大きな魅力の1つ。

 

・満員電車に長時間耐える
・通勤ラッシュの渋滞に巻き込まれる

 

そういったストレスとは無縁な上、
通勤に時間を費やす必要もありません。

 

また、子育て中の場合は、
子どもの行事や急な発熱などにも

 

自分の仕事のやり方次第で
柔軟に対応しやすく、
子育て世代にとっては
魅力的な働き方の1つと言えます。

 

在宅ワーカーには
働きやすさの面において、
多くのメリットがありますが、

 

一方では、家事との付き合い方に
ストレスを抱えやすい一面も。

 

自宅で仕事ができるということは、
日常生活の場に
仕事場があるということ。

 

独立した仕事部屋を設けている方も、
リビングの一角で仕事をしている方も、

 

「やり残した家事のことが
気になってしまい、
目の前の仕事に集中できない。」

 

ということが起きるのです。

 

例えば、

 

洗い終わってないお皿が
シンクにたまっていたり、

 

たたんでない洗濯物が
ソファの上で山積みになっていたり、

 

仕事中にもそんな光景が
チラチラと目に入るのです。

 

職場が自宅から離れていれば、
例えやり残した家事があっても

 

手をつけることは不可能で、
ある意味、あきらめがつきます。

 

(それはそれで、帰った時に
大きなストレスと向き合うことに
なるのですが…。)

 

ですが在宅ワーカーの場合、
その気になれば家事ができてしまう。

 

やり残した家事が見える状況で、
仕事に集中するというのは、
意外とストレスに感じるものです。

 

完全に在宅ワーカーではなくとも、
仕事を家に持ち帰ったものの、
集中できなかった、

 

という経験がある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

私自身も、在宅ワーカーの一人です。

 

自宅の1階がオフィスになっていて、
イラストを描く仕事をしています。

 

娘がまだ小さかった頃、
私の「仕事時間」は
娘が保育園にいる間。

 

それもいつ、発熱や怪我で、
呼び出しの電話がかかってくるか
分からない状態。

 

抱えている仕事を少しでも前倒し、
進めておかなくてはいけません。

 

それなのに!

 

やりかけの家事の存在が、
気になって仕方ないのです。

 

結果、目の前の仕事に集中できず、
なかなか思うスピードで進みません。

 

やりかけの家事があるから、
気持ちの「ON」と「OFF」の切替が
うまく行かないのです。

 

そんな状況を解決するのに、
リセッターリスト」が役立ちました。

 

www.resetterlist.com

 

やるべき家事の量を明確にすることで、
終わりの見えにくい家事に
区切りを付けやすくなりました。

 

自宅で仕事をしているけど、
どうも捗らない…と悩んでいる方は、

 

もしかしたら「家事」に
原因があるかもしれませんよ。

 

是非、一度、家事の内容を
見直してみてくださいね。

 

新しい発見があるかもしれません。 

 

では、今日も良い一日を、
お過ごし下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼ 現在募集中の講座 ▼▼

◎ ストレスフリーの家事習慣
〈 オンライン講座 〉
60日間、習慣化までをしっかりサポート。
いつでもどこでも自分のペースで学べます♩

◎ 家事のリスト作り講座
家事リスト「リセッターリスト」を
一緒に作ります。長野県松本市で開催♩

◎ できたよ!リスト講座
子どもの身支度をスムーズにするための
リスト講座です。長野県松本市で開催♩

家事の定休日、その後

f:id:resetterlistblog:20180527155209j:plain

 

おはようございます。
リセッターリストの山本香織です。

 

今日は週明け、月曜日。
みなさんはどんな週末を
過ごされましたか?

 

我が家は比較的、
のんびりした週末を過ごしました。

 

週末と言えば、
我が家では毎週日曜日、
「家事の定休日」を実施中です。

 

私の考える「家事の定休日」とは、

 

旅先や帰省時のように、
自宅の家事から離れることで
リフレッシュできる気分を、

日常生活の中にも
定期的に組み込んでしまおう、

というのが「家事の定休日」の
考え方です。
 

 

春休みに帰省した時、
実家でのんびり過ごす中で
思いつきました。

   

 

「家事の定休日」を思いついて、
もう2ヶ月くらいが経ち、
日曜日は何度か巡ってきました。

 

最初は家族に宣言して、
皆に協力してもらおう!

 

と、意気込んでいたのですが、

 

実際には、私が1日くらい
掃除や洗濯をしないからと言って

 

特に、誰も困らない、
ということが分かりました。

 

なのにどうして、
これまで日曜日も平日と同じように
家事をやらなくちゃと
思っていたのか、

 

今となっては不思議です。
思い込みの力って、すごいですね。

 

そんなわけで、
我が家では、私が心の中で
「家事の定休日」を実施中です。

 

私は普段の家事を
リセッターリスト
管理しているのですが、

 
最近は日曜日の家事を
ほぼ空白にしています。

 

料理好きな夫がいる日曜日だと、
お皿を洗うくらいしか家事がなく、

 

かなりリラックスして
一日を過ごすことができます。

 

そんな夫は仕事の関係で、
自宅に戻れるのは月の半分くらい。
娘と二人きりの日曜日もあります。

 

そんな時こそ「家事の定休日」。

 

掃除・洗濯は一切なし。
簡単にできるレシピや、
娘と一緒に作れる料理を楽しみながら、

 

娘と思い切り遊ぶ日曜日を
過ごすことにしています。

 

娘はママとたくさん遊べて嬉しい。
私も家事から自由になれて嬉しい。

 

旅先や帰省時に感じるような、
家事から解放されるあの感覚を

 

定期的に、それも毎週、
味わうことができるなんて、

 

考えるだけでもワクワクしませんか?

 

本当に気がラクになるので
オススメします!

 

「家事の定休日」に興味のある方は、

 

・家事の定休日を設定する
・やらないと困る家事を書き出す

 

この2つのワークを
是非、やってみてください。

 

週に1回、最低限の家事だけで
済ませる日を決めておくことで、

 

家事ストレスがぐんと下がりますよ。

 

このワークを試された方は、
コメントやメール、メッセージで
感想を聞かせてもらえたら嬉しいです♩

 

みなさんの家事ストレスが
少しでも下がりますように。

 

今日も良い一日を、お過ごし下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼ 現在募集中の講座 ▼▼

◎ ストレスフリーの家事習慣
〈 オンライン講座 〉
60日間、習慣化までをしっかりサポート。
いつでもどこでも自分のペースで学べます♩

◎ 家事のリスト作り講座
家事リスト「リセッターリスト」を
一緒に作ります。長野県松本市で開催♩

◎ できたよ!リスト講座
子どもの身支度をスムーズにするための
リスト講座です。長野県松本市で開催♩

ワンオペ育児中の家事は「細切れ時間」の活用で解決

f:id:resetterlistblog:20180519060915j:plain

 

おはようございます。
リセッターリストの山本香織です。

今日は記事の最後に、簡単に取り組める
ワークをご用意しましたよ♩

 

「ワンオペ育児」、
という言葉もずいぶん浸透しましたが、

私にもそれに近い時期があったなぁ、
と、思い出していました。

 

当時、娘は2歳(写真は当時の娘)。
もう赤ちゃんではなかったけれど、

まだまだ「育児」という言葉が
ピッタリなお年頃です。

 

ちょうどその頃、
暮らしの拠点を松本に移しました。

私は松本にベースを置いて仕事、
夫は松本と東京を往復する仕事。

娘と私が二人で過ごす時間が増え、
新しいライフスタイルが始まりました。

 

それまで夫に頼り切って
家事、育児、仕事をしてきた私は、

夫が半分いない生活が始まったことで、
とても恵まれた環境に自分がいたことに
初めて気がつきました。

家事と育児を一人でこなし、
そして仕事もやるということは、
想像以上に大変なことでした。
 

何でも自分でやりたがり、
全てに時間がかかる2歳〜3歳児。

そんな娘の相手をしながらの、仕事。
そして追いつかない家事の山…。

 

家事ストレス解消のため、
本やネットから情報を集め、
あれこれ試してみるものの失敗続き。

試行錯誤の末、
リセッターリストが出来たのですが、

その後、家事と育児と仕事のバランスが
劇的に改善されました。

 

当時の私にとっては、
リセッターリストのおかげで

細切れ時間をフル活用できたこと

が、一番のメリットでした。

 

赤ちゃん〜未就学児の育児は、
とにかく時間が読めない!
ことの連続です。 

公園からの帰り道、買い物、
着替えや靴を履くこと、全てに、
予想を大きく上回る時間がかかります。

かと思えば、

思わぬ遊びに集中し始めたり、
突然、お昼寝を始めたり…。

急に「細切れ時間」が発生するのです。

 

いつも時間がない、時間がない、と
思っているはずなのに、

突然の「細切れ時間」が手に入ると、
上手に使うのは意外と難しいものです。

 

何しよう、何しよう、
たまにはゆっくりお茶でも飲もう…、

いや、夕飯の支度をしておこうかな、
それより仕事を少しでも進めたい…、

なんてことを考えている間に、

遊んでいた子どもの集中力は切れ、
お昼寝からは起きてきてしまいます。

 

貴重な時間だったのに、
結局、何もできずに終わってしまった…

ということが多々ありました。

 

でも、リセッターリストのおかげで、
そんな細切れの時間にこそ、

やるべき家事をリストで確認し、
迷うことなく、家事を進められました。
 

その繰り返しのおかげで、
納得できる状態を保てるようになり、

「あれもやってない」
「これもやってない」

という家事ストレスから解放され、
本当にラクになりました。

 

「ワンオペ育児」というほどの
状況ではなかったけれど、

娘と二人きりで過ごす暮らしは、
リセッターリストがなかったら

もっと大変だっただろうな、
と、今振り返っても思います。

 

そして現在、
娘はもう小学3年生になり、

一緒にリセッターリストを見ながら
家事を手伝えるほど大きくなりました。

  

「ワンオペ育児」は本当に過酷で
根本からの解決が求められますが、 

まずは今できることから、
家事の内容をラクにすることからも、

改善していける部分はあるのかな、
と感じます。

 

ではここで、
今すぐ取り組めるワークを
ご紹介しますね。

・1分でできる家事
・3分でできる家事

を、書き出してみること。
思いついたことだけで大丈夫です。

 

書き出したリストは冷蔵庫など、
見えるところに貼っておく。

隙間時間、細切れ時間が手に入ったら
やってみてくださいね。

 

短時間でも、家事って意外と進むんだ、
と、実感してもらえると思います!

もちろんこれは、育児中じゃなくても、
誰でも実践可能です。

コメントやメール、メッセージで
感想を聞かせてもらえたら嬉しいです♩

 

みなさんの家事ストレスが
少しでも下がりますように! 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼ 現在募集中の講座 ▼▼

◎ ストレスフリーの家事習慣
〈 オンライン講座 〉
60日間、習慣化までをしっかりサポートします。
いつでも、どこでも、自分のペースで学べます♩

◎ 家事のリスト作り講座
家事リスト「リセッターリスト」を一緒に作ります。
長野県松本市で開催♩

◎ できたよ!リスト講座
子どもの身支度をスムーズにするためのリスト講座です。
長野県松本市で開催♩